免疫力向上

プラセンタの注射のメリット、デメリット

サプリメントやドリンク、またケア商品等で人気の高いプラセンタは、モデルさんやタレントさんなど、常に注目が集まる方々にも大人気の成分です。
特に、最近はその効果の実感の高さ、吸収率のよさなどからプラセンタ注射http://www.dynamitemap.com/002tyusya.htmlも人気が高くなっています。

通常サプリメントやドリンクの場合、豚や馬などの胎盤から抽出したエキスを利用していますが、注射の場合、ヒトプラセンタを利用します。
当然、ウイルス検査などを厳しく行い安全性の高いものを利用しています。
吸収性、即効性が高く、サプリメントの場合、通常効果を実感するまで半年程度かかるといいますが、注射の場合、1ヶ月くらいで効果を実感されるようです。

以前はこうした注射にかかる費用もかなり高額だったのですが、現在は1アンプルで1300円から1500円くらいの金額です。
もっとリーズナブルになっているところもあります。
肝臓やそのほかの病気などでこの注射を受けるという場合、保険適用治療となりますが、美容目的の場合保険適用とならないため、実費です。
だいたい1ヶ月に一度くらいの割合で利用される方が多いようです。

この注射のデメリットといえば、まず、リスクを完全否定できないという点です。
これまでプラセンタ注射の歴史は40年くらいあります。
その中で感染等の報告はありませんが、こうしたヒトプラセンタの利用についてはリスクが全くないとは言えないのです。

ヒトプラセンタを注射するため、献血が出来なくなるという事もデメリットです。
厚生労働省が2006年に決定しました。
輸血の安全性が第一という考え方から行われていることです。
またデメリットといえるかどうかわかりませんが、注射を受ける前に「リスクに対する同意書」が必要となるという点も理解しておかなければなりません。