免疫力向上

プラセンタで心も健康に

現代はストレスを受けることが多い時代で、多くの方が心に何らかの問題を抱えているといいます。
確かにうつや精神疾患を患っている方が非常に多くなっていると言えます。
なぜ、心が不安定になるのか、それはストレスなどから自律神経、ホルモンバランスを乱してしまうために起るものです。

女性は生理前症候群「PMS」の症状をお持ちの方が多いです。
このPMSの症状は更年期障害の症状とよく似ています。
双方ともホルモンバランスの乱れによって起る障害です。
脳内神経伝達物質にセロトニンという物質があり、このセロトニンは心を安定させる成分です。
心が不安定になるとノルアドレナリンという物質が分泌されます。
逆に嬉しすぎると興奮しドーパミンという物質が分泌されます。
この量をうまく調節するのがセロトニンです。

セロトニンは女性ホルモンとの関連性が高く、エストロゲンという女性ホルモンの分泌と密接に関係しています。
エストロゲンは男性にも分泌されているホルモンでエストロゲンが分泌されにくくなるとセロトニンも分泌されなくなります。
するとドーパミンなどとの調整がうまくできなくなるため、心は不安感でいっぱいになるのです。

プラセンタはホルモン調整作用があるため、こうした不安感が強いという状態になっている方を助けます。
プラセンタがホルモンバランスや自律神経に働きかけ、安定させ、心もしっかり健康に結び付けてくれるのです。
ますは、サプリメントやドリンクタイプhttp://guidesetconseils.com/menntarukea.htmlの摂取から始めてみてください。