プラセンタの原料は?
免疫力向上

プラセンタの原料は?

妊娠すると同時に女性の体内に生まれる胎盤は、胎児の成長に欠かせない臓器です。
受精が行われ子宮内に着床すると受精卵から絨毛が伸び、子宮内壁に結合しこの絨毛が成長したものが胎盤となります。
胎児はこの胎盤から栄養を補給し老廃物を排除するという生命活動を行います。
つまり、胎盤がなければ胎児は生きていくことができないのです。
胎盤という臓器は様々な生命維持に欠かせない働きを持った奇跡の臓器です。

この胎盤には、アミノ酸類、ビタミン、タンパク質、ムコ多糖類など豊富な栄養素が含まれています。
また胎児が体内で正しく成長できるように細胞分裂を促し、健康に成長していけるように成長因子という物質も含んでいます。
これらの栄養素を健康や美容に活かせるようにサプリメントなどが開発され、私達も利用できるようになりました。

サプリメント等で利用される胎盤「プラセンタ」は、人の胎盤ではなく、動物の胎盤http://www.mainebytes.org/taibannekisu.htmlから抽出したものです。
現在利用されているのは、豚、馬、さらに植物の胎座と呼ばれる部分を利用した植物プラセンタなどを利用しています。
日本で販売されているプラセンタ商品は清潔で管理された施設等で育てられた動物のプラセンタが利用されていますので、信頼性も高く品質のよい物が販売されています。
プラセンタには大きな副作用がないとされていますが、http://accessup.guidebook.jp/04placenta.htmlにも書いてあるように人によっては合わなくて肌がヒリヒリしたり発疹が出てしまう方もいるそうです。
この症状は安価なプラセンタ製品を使用すると起こりやすいようなので、あまり安すぎる商品はやめておいた方が良いかもしれませんね。